米共和党トランプ氏の税制改革案、減税対象の範囲めぐり混乱招く

  • 10年間のコスト見積もりに1.5兆ドルの開き-シンクタンク
  • ヘッジファンドなど「パススルー事業体」が対象に含まれるか不明

米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏の陣営が先週発表した税制改革案は、同氏が掲げてきた主要な提案の一つに一切触れなかった。プライベートエクイティ(PE、未公開株)ファンドやヘッジファンドの優遇につながるパススルー事業体対象の減税案だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。