NY原油(19日):反発、ドル安で投資妙味-リビア輸出で伸び悩む

19日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。米政策金利が今週引き上げられる可能性はほとんどないとの見方から、ドルが軟調となり、商品の投資妙味が高まった。リビアの原油積み出しが武装勢力との衝突で停止されたことを受けて、原油は一時大きく上昇したが、再び積み出し作業を再開する運びとなったために伸び悩んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。