NY金:ほぼ2週間ぶり大幅高、先安観が後退-FOMC控え

19日のニューヨーク金先物相場は反発し、ほぼ2週間ぶりの大幅高となった。今週の日銀の金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会合を控え、金の先安観が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。