欧州債(19日):周辺国債が上昇、売り圧力和らぐ-日米の政策決定控え

19日の欧州債市場ではユーロ参加国の高利回り国債が上昇。日米の金融政策決定会合を控え、周辺国債への投資妙味が続く可能性があることから、このところの売り圧力が和らいだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。