自分の鼓動に耳傾けられるトレーダーは成功、業界で生き残る-研究

  • 身体からのシグナルを感じ取れるトレーダーは成績良好
  • 市場がトレーダーを選別していると神経科学者

市場のパターンについて自分の肉体が発するヒントを聞き取るのが巧みなトレーダーは高い利益を上げると同時に業界で長く生き残ることができるー。ゴールドマン・サックス・グループのデリバティブ(金融派生商品)トレーダーから神経科学者に転じたジョン・コーツ氏の研究が示した。

  同氏の2012年の書籍「The Hour Between Dog and Wolf」はトレーダーの決定が生物学的機能に影響されることを示した。同氏は直感が有効なシグナルなのか、ただの雑音なのかを見極めたいと考え、ケンブリッジ大学の医学者らとともに、ロンドンのヘッジファンドで働く18人の高頻度トレーダーの男性の生理機能を調べた。オンライン誌サイエンティフィック・リポーツで19日公表された研究結果は、自分の心拍数を正確に言い当てられるリスクテーカーはそうでない人よりも高い利益を上げられることを示した。

  コーツ氏(54)は先週のインタビューで、「生理機能は市場のリスクと機会を示す上で意識的な判断より正確であることは分かっていた」とした上で、「トレーディングにそれほど有用なシグナルが人間の体の反応に含まれているならば、そうした身体的変化を感じ取ることに優れた人はトレーディングに関して非常に価値のあるシグナルにアクセスしていることになる」と語った。

  トレーディングにおける直感の役割は、証明はされなくてもかねて取り沙汰されてきた。著名ヘッジファンド運用者のジョージ・ソロス氏は腰痛が悪化するとポートフォリオを入れ替えると言われていた。

ウォール街

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  研究では被験者に、手首や胸に触れることなく心拍数を概算することを求めた。被験者らの正確性はケンブリッジ大学生から成るコントロールグループの66.9%に対して78.2%と高く、正確性の高いトレーダーほど過去1年の運用成績がよかった。

  また、トレーディング経験8年以上の被験者は85.3%と、4年未満の人の68.7%に比べ正確だった。「信じられないことだが、市場がトレーディングに適した人を選んでいるのかもしれない」と同氏は述べた。

原題:Are You Interoceptive? Traders in Tune With Heartbeat Make More(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE