ドイツ銀株が続落-増資が必要となるリスク、アナリストらが指摘

更新日時
  • 米当局への支払い減額の場合も増資リスク残る-ソシエテG
  • 140億ドル要求の情報で16日に株価が8.5%下落

19日のフランクフルト市場でドイツ銀行株は続落。住宅ローン担保証券(RMBS)販売問題で米当局が支払いを求める140億ドル(約1兆4250億円)の減額を勝ち取ったとしても、増資が必要になる可能性があるとアナリストらが指摘した。株価は2.4%安となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。