香港H株が大幅続伸、中国本土の投資家が買い-本土株も高い

  • 元安懸念高まる中で中国本土投資家が割安なH株を購入とアナリスト
  • H株では工商銀など銀行株が買われ、中国広核電力も高い

19日の香港市場では、中国本土株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数が大幅続伸。金融株と建設関連株が上げを主導した。連休明け後も中国本土投資家の活発な買いが続いた。
  
  H株指数は1.6%高で取引を終えた。中国工商銀行(1398 HK)を中心に銀行株が買われた。中国広核電力(1816 HK)も大幅高。各国中央銀行による新たな刺激策を見込んだ取引をトレーダーが縮小させる中で、H株指数は先週4.6%下落と、週間ベースで4カ月ぶりの大幅安となっていた。中国本土株の指標である上海総合指数は0.8%高で終了。ハンセン指数は1%高。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。