台風16号、20日未明に鹿児島県に上陸か、県一部に避難勧告を発令

  • 暴風や大雨などに警戒、九州から西・東日本の太平洋側を通過
  • 熊本県益城町全域に避難勧告、九州各地で避難準備情報

非常に強い台風16号は19日夜から20日未明にかけて九州南部に上陸する恐れがある。気象庁は20日にかけて西、東日本にも暴風や大雨、高波や高潮に警戒を呼びかけている。

  気象庁予報部の発表によると、台風16号の中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルと非常に強く、午後4時に屋久島の西約180キロメートルを時速25キロメートルの速さで北東に進んでいる。強い威力を保ちながら20日午前3時には宮崎県都城市付近に達するとみられ、西日本、東日本の太平洋側を通過し、21日には日本の東側で温帯低気圧に変わる見込み。

  20日にかけて予想される最大風速は九州南部で40メートル、奄美、四国地方で30メートル、九州北部や近畿地方で25メートル。台風の接近に伴い前線の活動が活発となり、広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。20日午後6時までの24時間に予想される雨量は、九州、四国、近畿で300ミリメートル、中国や北陸、東海、関東甲信地方でも100ミリを超える見込み。

  台風警戒のため、鹿児島県十島村と三島村の全域、鹿児島市磯・竜ヶ水地区、姶良市白浜地区、熊本地震の影響を大きく受けた熊本県益城町全域、熊本市の山沿いで避難勧告が発令中。これ以外にも、九州各地で避難準備情報が発令されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE