NY爆発関連で男を指名手配、NJ州で新たに不審物-厳重な警戒態勢

更新日時
  • 国連総会と重なり要人多数がNY入り、警官や州兵1000人を追加動員
  • 交通機関の運行に大きな遅れ-混乱は市全体に広がる

17日夜に爆発事件のあった米ニューヨーク市では19日、爆弾探知犬も投入した大規模な捜査と警備が続けられ、交通機関の運行に大きな遅れが出るなど混乱が広がった。市内マンハッタンのチェルシー地区で起きた今回の爆発事件では29人が負傷した。また18日夜にはニュージャージー州でも不審物が見つかった。

  ニューヨーク市警は同市で起きた爆発事件との関連でアフマド・カーン・ラハミ(28歳)の行方を追っていると、顔写真とともにツイッターに投稿した。AP通信によれば、この男はアフガニスタン出身で米国の国籍を取得している。

An undated photo of Ahmad Khan Rahami

Source: Twitter

  厳重な警戒態勢が敷かれる中、ニュージャージー州エリザベス市の駅で新たに不審物が見つかったと、ボルウェージ市長がツイッターで明らかにした。APによれば、この不審物はロボットによる調査中に爆発した。負傷者はなく、チェルシーでの事件との関連性に当局者らは言及しなかったとAPは伝えた。昨夜の間に数人が聴取のため身柄を拘束されたという。

  ニューヨークでは警察官や州兵1000人を増員するほか、地下鉄駅での検査強化、主要交差点への警察官の配置が予定されている。17日夜に爆発があったのは西23丁目の通りで、ウォール街やタイムズスクエアなどからは離れているが、国連総会の開催と重なることもあり、影響は市全体に広がることが予想される。

  ニューヨーク市のデブラシオ市長は18日の会見で、「今週の市警の警備はかつてないほど厳重になろう。国連総会の開催時には通常、警備を強化するが今回は一段と厳しくなる」と述べた。

NEW YORK, NY - SEPTEMBER

18: A member of the New York City Police Department K-9 Unit patrols on a subway train, September 18, 2016

原題:More Guns to Greet New York After Another Suspicious Package (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE