長期金利が1週間ぶり低水準、オペ結果強め-残高落としにくいとの声

更新日時
  • 先物は23銭高の151円93銭で終了、長期金利はマイナス0.06%に低下
  • 日銀買い入れオペ、特に25年超のゾーンが強い-ドイツ証

債券相場は上昇。長期金利や超長期債利回りは約1週間ぶりの低水準を付けた。日本銀行がこの日に実施した長期国債買い入れオペが強めの結果となったことを好感して買いが優勢だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。