9月19日の欧州マーケットサマリー:周辺国債が上昇、株反発

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1178   1.1155
ドル/円            101.73   102.29
ユーロ/円          113.72   114.10


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   341.27     +3.45    +1.0%
英FT100      6,813.55   +103.27   +1.5%
独DAX      10,373.87   +97.70    +1.0%
仏CAC40     4,394.19   +61.74    +1.4%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      -.65%       +.00
独国債10年物     +.02%       +.01
英国債10年物     +.88%       +.00


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,314.85    +6.50     +.49%
原油 北海ブレント         46.26      +.49    +1.07%

◎欧州株:ストックス600、6週ぶり安値から反発-鉱業株高い

19日の欧州株式相場は上昇。鉱業株は2カ月ぶり大幅高となった。 指標のストックス欧州600指数は前週、週間ベースで3カ月ぶり大幅安 となったものの、この日の値上がりで下げの一部を取り戻した。

ストックス600指数は前週末比1%高の341.27で終了。16日に6週 間ぶりの安値を付けていた。年初来では6.8%下げており、プラス圏に あるS&P500指数やMSCIアジア太平洋指数に後れを取っている。

業種別指数は全てがプラス。鉱業株では商品が値を戻したことを背 景にBHPビリトンやアングロ・アメリカンが大幅上昇。原油高を好感 して石油株が高く、フランスのトタルは2.7%急伸。自動車株も約6週 間ぶりの大幅高となった。

クーツ(ロンドン)のアラン・ヒギンズ最高投資責任者(CIO) は、「極めて技術的な動きが支配する市場で人々は価値をみいだそうと しており、これは欧州株にかなりの追い上げ余地があることを意味す る」とし、「現時点で流れを見つけるのは困難だ。米利上げをめぐる懸 念が浮上したが後退した。今のところ確かなのはニュースの流れに従う よう試みることだ。米当局は市場が求めていることを重々承知してい る。今週、政策面でのショックがないことを望んでいる」と語った。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されており、エコノミス トと投資家らは政策維持を見込んでいる。12月会合でようやく利上げ確 率は少なくとも半々となっている。

英FTSE指数は1.5%高と、西欧の主要株価指数の中で上げが目 立った。仏CAC40指数は1.4%上昇。プジョーシトロエングループ (PSA)は2.7%の大幅高。 ポルトガルやイタリアの株価指数も大幅 上昇。ドイツのDAX指数は1%高。ドイツ銀行は2.4%安。

原題:European Equities Playing Catch-Up Advance The Most in Two Weeks(抜粋)

◎欧州債:周辺国債が上昇、売り圧力和らぐ-日米の政策決定控え

19日の欧州債市場ではユーロ参加国の高利回り国債が上昇。日米の 金融政策決定会合を控え、周辺国債への投資妙味が続く可能性があるこ とから、このところの売り圧力が和らいだ。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が21日に政策金利据え置きを発 表すると予想されている一方、同日の日本銀行の政策決定会合結果につ いて投資家らは読みづらいとみている。この日の市場ではイタリア10年 債利回りが6月末以来の高水準まで上昇した後、買いを集めた。

イタリア10年債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は8営業日ぶりに縮小。ドイツ10年債利回りは前週末、一時マイナ スに低下した。

日銀はイールドカーブのスティープ化を図るとの観測がある。そう なれば日本の投資家にとって欧州債を購入する妙味が後退し、国内市場 にとどまる向きが増える可能性がある。

ブラックロックでファンダメンタル債券の副最高投資責任者 (CIO)を務めるスコット・シール氏はブルームバーグとのテレビイ ンタビューで、「周辺国債は利回りの観点から引き続き価値がある」と 述べた上で、「だが、日銀が長期国債の利回りを押し上げてイールドカ ーブのスティープ化に成功した場合、ユーロ圏周辺国債の利回りの動き には注目する必要がある」と語った。

ロンドン時間午後4時27分現在、イタリア10年債利回りは前週末比 2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.32%。先週1週 間では9bp上昇し、6月30日以来の高水準に達していた。同国債(表 面利率1.6%、2026年6月償還)価格はこの日、0.20上げ102.58。スペ イン10年債利回りは4bp低下し1.04%。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りはほぼ変わらず の0.02%。先週16日にゼロを割り込む場面があった。

原題:Euro-Area Bonds Supported as Traders Await Two Central Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE