ニューヨークで爆発、29人が負傷-テロと関連付ける証拠ないと市長

米ニューヨーク市内で17日午後8時半ごろ(日本時間18日午前9時半ごろ)爆発が発生し、29人が負傷した。

  デブラシオ・ニューヨーク市長は現地で記者会見し、爆発は意図的なものだとの見方を示したが、テロとの関連性を示す証拠はないと話した。負傷者の命に別状はないと説明した。

  ニューヨーク市警のツイッターによると、爆発が起きたのはマンハッタンの6番街と7番街の間にある23丁目。

  ニューヨークの国連本部では国連総会関係の会合が始まっており、安倍晋三首相も総会での演説などが予定されている。  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE