米GM:タカタ製エアバッグのリコール期間の1年延長求める-98万台

米ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、タカタ製エアバッグを搭載した約100万台の車両のリコールに関して、米道路交通安全局(NHTSA)に対して期間の1年延長を求めた。対象となった車両について、死亡や負傷と関連した他のモデルと同様のリスクがないことが示されたと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。