7月の対米証券投資:中国が米国債保有を減らす、2013年以来の低水準

世界で最も米国債を保有する中国は、米国債保有残高を約3年ぶりの水準に減らしたことが明らかになった。米財務省が16日発表した7月の対米証券投資動向とブルームバーグがまとめた過去のデータによると、中国が保有する中長短期の米国債残高は1兆2200億ドルと、前月から220億ドル減少した。減少幅も2013年以降で最大。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。