トランプ氏、「オバマ大統領は米国生まれ。以上」-初めて公に認める

  • 謝罪はせず、疑惑を始めたのはクリントン氏だと対立候補を批判
  • オバマ氏の出生地問題はトランプ氏の支持集め策の一つだった

米大統領選挙の共和党候補、ドナルド・トランプ氏は16日、オバマ大統領が米国市民であることを初めて公に認めた。トランプ氏は数年前から、オバマ氏の出生地を問題視することを支持集めの一つとしてきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。