NY原油(16日):反落、1カ月ぶり安値-リビアの輸出再開を警戒

16日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反落。リビアとナイジェリアが原油輸出を再開すれば世界的な供給過剰がさらに進むとの見方から、1カ月ぶり安値に下げた。国際エネルギー機関(IEA)は今週、供給過剰の解消にはこれまで予想されていたより時間がかかるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。