欧州債(16日):ドイツ10年債上昇、利回りは一時マイナスに再び突入

  • 中核国債が堅調、ドイツ連銀総裁のキャピタルキー維持支持発言で
  • ポルトガル国債は反発、S&P格付け据え置きを好感

16日の欧州債市場では、ドイツ10年債が上昇し週間の下げを帳消しにした。欧州中央銀行(ECB)に追加金融緩和の余地があるとの臆測を背景に、利回りは再びマイナスに低下する場面があった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。