テスラCEO:オートパイロット新バージョン、21日公開を「願う」

米テスラモーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、運転支援機能「オートパイロット」の最新版ソフトウエアを21日に公開できるよう「願っている」と明らかにした。オートパイロットをめぐっては、使用中の運転手が5月にトラックと衝突して死亡する事故が発生、テスラへの調査が今も続いている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。