テスラCEO:オートパイロット新バージョン、21日公開を「願う」

米テスラモーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、運転支援機能「オートパイロット」の最新版ソフトウエアを21日に公開できるよう「願っている」と明らかにした。オートパイロットをめぐっては、使用中の運転手が5月にトラックと衝突して死亡する事故が発生、テスラへの調査が今も続いている。

Elon Musk, chairman and chief executive officer of Tesla Motors.

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  マスクCEOは「最終段階で問題が見つからなければ」、最新バージョンのオートパイロット用ソフトウエアを公開するとツイッターに投稿した。

  今週に入り同CEOは、この最新バージョンではカメラよりもレーダーやGPSデータベースに重点を置き、5月のような死亡事故を避けることができるよう改善したと述べていた。

原題:Tesla’s Musk ‘Hopes’ to Roll Out New Autopilot Version Wednesday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE