エールフランスの「ばかげた」株価評価、一部の買い手を呼び込む

  • ロシュブリュヌやイベルカハなどが今夏に株式購入
  • ジャナイヤックCEOが7月に就任したことが材料と指摘

航空業界全般が厳しいという尺度で見ても、エールフランス・KLMグループは特に切迫した状況に置かれている。労使紛争が暴力に発展し、コスト削減努力は政治家に阻まれ、格安航空会社が国内市場に攻め込んでくる。しかし、こうした中で同社株式に買いを入れる投資家が増えつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。