【債券週間展望】日銀緩和で買い、過度な超長期金利上昇望まずとの声

  • 日銀ができることはそれほどない、買える水準を模索-三井住友AM
  • オペの調整、びっくりするような規模でやるの困難-パインブリッジ

来週の債券相場は、日本銀行の追加金融緩和を受けて上昇すると予想されている。総括的な検証によるマイナス金利の深掘りに加えて、利回り曲線のフラット化を修正する国債買い入れオペの調整についても、超長期金利の過度な上昇につながるような対応は避けるとの見方が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。