【日本株週間展望】方向感出ず、日米金融政策の反応複雑か-飛び石も

  • エコノミストの54%が日銀の追加緩和予想、米利上げは見送り濃厚
  • 為替、銀行株の動向が相場全体に影響する可能性

9月3週(20ー23日)の日本株は方向感の定まらない展開となりそうだ。日米中央銀行が金融政策の変更、現状維持のいずれを選択しても為替を含む市場の反応は複雑化するとみられ、積極的にポジションを積み上げにくい。東京市場は祝日を挟む飛び石日程になることも影響する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。