タカタ支援、2候補に絞り再生計画検討へ、法的整理も選択肢-関係者

  • 米KKR、米カーライルなど投資ファンド軸、部品メーカーと連合も
  • 将来負債や法的責任への懸念から、透明性高い法的整理求める声も

エアバッグ問題からの再建を目指すタカタは、10月までに出資者(スポンサー)候補を2陣営程度に絞りこんだ上で、最終選考に向け各陣営と具体的な再生手続きの検討を進める見通しだ。再生手法については法的整理も選択肢として浮上している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。