米ペイパルの「ブレインツリー」介し欧州で中国銀聯カード利用可能に

米オンライン決済サービス会社ペイパル・ホールディングスは15日、中国銀聯との提携強化を発表した。世界的な事業展開を推し進める。

  ペイパルの発表資料によれば、同社のモバイル取引向けプラットホーム「ブレインツリー」を介して、欧州の事業者が中国銀聯のクレジットカードとデビットカードでの支払いを受け入れることができるようになる。

  ペイパルによると、中国人買い物客は今年、越境取引で1180億ドル(約12兆円)を支出する見込み。昨年から31.4%増となる。

原題:PayPal Reaches Deeper Into China With UnionPay Partnership(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE