ドル・円は102円付近、米利上げ観測後退が重し-日銀緩和への懐疑も

更新日時
  • 朝方に一時101円74銭と3日ぶり水準までドル安・円高が進む場面も
  • 日銀はどうなるか不透明でリスクがある-三菱東京UFJ銀

16日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=102円付近で上値の重い展開。来週に日米金融政策イベントを控えて、米指標の不振による米早期利上げ観測のさらなる後退や、日本銀行の追加緩和に対する懐疑が重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。