ヘッジファンドは下手な言い訳、原因は分析ミス-ランズドーン会長

  • 運用不振はETFやクオンツファンドの増加が原因ではないと発言
  • ヘッジファンドの運用資産拡大が問題ではないとも指摘

ヘッジファンドの運用成績が悪いのは投資分析がうまくいっていないからであり、上場投資信託(ETF)やクオンツファンドが増えた結果ではない。ロンドンに本拠を置くヘッジファンド運用会社ランズドーン・パートナーズのスチュアート・ローデン会長が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。