ウェルズF経営陣、職にとどまり賞与得るべきでない-ウォーレン議員

ウォール街批判の急先鋒として知られるエリザベス・ウォーレン上院議員は、米銀ウェルズ・ファーゴが200万を超える口座を顧客に無断で開設したとされる問題に関連し、ジョン・スタンプ会長兼最高経営責任者(CEO)が職にとどまるべきかどうか疑問を呈した。上院銀行委員会が20日に開く公聴会では、同議員がスタンプ氏を直接追及する機会が訪れる。

  ウォーレン上院議員は15日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、スタンプCEOら経営陣について、「彼は責任を取る必要があり、他の上級管理職もそうだ。職にとどまり、数百万ドルのボーナスをもらい続けることがあってはならない」と語った。ウェルズ・ファーゴの広報担当者は、ウォーレン議員の発言に対するコメントはないと回答した。

原題:Warren Questions Whether Wells Fargo Heads Should Keep Jobs (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE