丸紅がフィリピン財閥などと連合、世界最大規模の地熱発電入札で

  • 丸紅は3社連合で応札へ、米シェブロンのアジア地域での地熱資産
  • 中国国営の中国広核集団も入札に参加、取得額は最大3000億円規模

米石油会社シェブロンが計画しているアジア地域での地熱発電事業の売却で、丸紅がフィリピンの財閥やインドネシアの企業と組んで2次入札への参加を検討していることが分かった。他に中国の国営電力会社などが応札する見通し。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。