JR九州:鉄道より駅ビルやホテルが投資家に魅力、副業で収益

更新日時
  • 運輸サービスは利益ベースで今期見通しの半分以下
  • ホテルやレストラン運営、分譲・賃貸マンションにも進出

10月下旬に新規株式公開(IPO)が決まったJR九州は、鉄道事業の他に不動産事業やレストランやホテルなどを展開し収益の多角化を図っており、それらが投資家への魅力となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。