米国債:来週の日銀会合に注目、イールドカーブが世界的に拡大

更新日時

日本の金融政策動向をめぐる観測が世界の債券市場を左右している。日本銀行が20ー21日に開く金融政策決定会合の結果次第でイールドカーブがスティープ化するとの見方を背景に短期債と長期債の利回り格差は世界的に広がっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。