NY金:反落、FOMCを来週に控え一部に利益確定の動き

15日のニューヨーク金先物相場は反落。ブルームバーグがまとめた13日までのデータによれば、世界最大の金連動型上場投資託(ETF)、SPDRゴールド・シェアーズの金保有量は6月以来の水準に低下した。市場が織り込む来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率は18%だが、年末までの同確率は50%超に上昇、一部投資家は利益確定に動いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。