ゴールドマン、前欧州委員長の天下り先には不適切-ユンケル現委員長

  • ゴールドマンは重大な金融危機の一因に加担-ユンケル委員長
  • EUオンブズマンの疑義提唱を受け、欧州委は倫理調査に着手

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のユンケル委員長は、前任者のバローゾ氏が米ゴールドマン・サックス・グループに雇用されているのは適切ではないとの考えを示し、その理由としてゴールドマンが金融危機の一因に加担したことを指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。