三菱UFJ銀頭取、日銀にマイナス金利の副作用検証を要望

  • マイナス金利政策は融資の利ざやを圧迫し続ける-インタビュー
  • 海外での成長でアジア、特にインドネシアを重視

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱東京UFJ銀行の小山田隆頭取は、日本銀行が来週の政策決定会合で、マイナス金利の副作用について考慮してほしいと述べ、同政策が融資の利ざやを圧迫し続けると訴えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。