15日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが小幅高で引けた。医薬品株や消費関連銘柄が相場を支えた。

  センセックスは前日終値を挟んで上下0.2%程度の間で、少なくとも15回方向を変えた。来週に米国と日本の金融政策決定を控えて取引は薄かった。ビーナス・インディア・アセット・マネジメントのバイスプレジデント、K・K・ミタル氏は「最近の上昇に乗り遅れたヘルスケア株が追いつく動きを見せた」と話した。

  センセックスは0.1%高の28412.89で終了した。

原題:Indian Stocks Fluctuate as Drugmakers Climb; Lenders Retreat(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE