クレディ・アグリコル:英EU離脱選択でオフィス移転再検討-関係者

仏銀クレディ・アグリコルは英国の欧州連合(EU)離脱選択を受けて、ロンドンの本部の移転について再検討している。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  匿名を条件に述べた同関係者によると、クレディ・アグリコルは借り上げるオフィスのスペースについてEU離脱交渉の結果に応じて柔軟性を持たせられるよう、現在借りている物件の所有者を含め貸主側と交渉している。

  クレディ・アグリコルおよび予定移転先のオフィスビルを所有するハインズ・グローバルREITの担当者はコメントを避けた。

原題:Credit Agricole Said to Reconsider London Office Move on Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE