シーメンスCEO:通期利益は上振れの公算も-来年度は不透明

欧州最大のエンジニアリング会社、シーメンスのジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は2016年9月期の通期利益が予想を上回る可能性があると明らかにした。一方、長期見通しは政治的な懸念で不透明だと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。