債券売りは「テーパー・タントラム2」の様相-JPモルガン

  • 最近の国債売りは2013年をほうふつとさせる
  • 中銀めぐる思惑と投資家のポジションが原因

見たことのある映画のようだ。最近の国債売りと利回り上昇は米当局が債券購入を減らす懸念が市場を飲み込んだ2013年の「テーパー・タントラム」をほうふつとさせると、ジェイ・バリー氏らJPモルガン・チェースのアナリストが指摘する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。