スイス中銀:金利据え置き、英EU離脱決定で世界見通し不透明

スイス国立銀行(中央銀行)は15日、政策金利を据え置き、必要に応じて外国為替市場に介入すると表明した。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて世界経済見通しに不透明感が増したとの認識も示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。