HSBCが大規模起債、サムライ債市場で09年来最大-1818億円相当

英銀HSBCホールディングスは15日、1818億円相当を起債した。ブルームバーグがまとめたデータによれば、これはサムライ債市場で2009年以来の最大。

  644億円相当の10年債の利率は1.207%となった。共同幹事のSMBC日興証券が発表した。HSBCの今週の財務省への届け出によると、この社債は総損失吸収能力(TLAC)規則適格で、同社が清算される場合は債券保有者が元本の一部または全額を失う。

  15日にはフランスの自動車メーカー、ルノーも500億円相当の3年債を起債。9月の起債は2768億円と、今年2番目の規模となった。日本の10年物国債利回りがマイナス、一部の社債はほぼゼロとなる中でサムライ債は相対的に高利回り。

  HSBCは581億円相当の5年債と593億円の7年債も起債。利回りはそれぞれ0.45%と0.842%。

原題:HSBC Prices Biggest Samurai Bond Deal Since 2009 at $1.8 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE