日銀はフォワードガイダンス強化も、総括検証で-エコノミストの見方

  • 「マイナス金利拡大と時間軸効果強化を組み合わせる必要」と白川氏
  • 物価目標達成後も一定期間は国債残高維持-みずほ総研が5つの提言

日本銀行が20、21日の金融政策決定会合で行う政策の「総括的な検証」では、より長い期間にわたり緩和を継続するフォワードガイダンス(時間軸)の強化が論理的な結論だ、という見方が一部のエコノミストから出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。