米フォードに改革の代償、来年は業績悪化へ-18年は増益見込む

フォード・モーターの自動運転車や電気自動車(EV)への急速な取り組み強化は代償を伴う。113年の歴史を持つ同社の抜本的改革の一環として新規分野への支出を増やし、高級車や新興市場における弱点克服を図ることで、来年の業績は悪化する見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。