ドル・円は102円前半、日本株続落で円買い圧力-米小売売上高見極め

更新日時
  • 朝方に付けた102円61銭から101円95銭まで下落、2日ぶり安値
  • 株価が軟調の中、クロス円など主導でドル・円も軟調-三井住友信託

15日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=102円台前半で推移。日米の金融政策決定会合を控えて不透明感がくすぶる中、日本株の続落やオセアニア通貨安を背景に円買い圧力が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。