英中銀:政策金利0.25%で維持か-EU離脱選択後の経済動向見極め

  • 景況感や信頼感を示す指数は7月の落ち込み後に回復
  • 金融政策の発表はロンドン時間15日正午

欧州連合(EU)離脱支持という英国民投票の結果にイングランド銀行(英中央銀行)が予想を超える強力な対応を取ってから6週間。金融政策委員会(MPC)メンバーらは、経済見通しに照らして戦略変更が必要かどうかの検証を迫られている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。