米銀ウェルズ・ファーゴの口座問題でツイッター炎上-チャート

  ツイッターは何をきっかけに騒がしくなるのだろうか。それは、米銀ウェルズ・ファーゴのケースを見れば分かる。行員が販売目標達成のため顧客に無断で預金口座やクレジットカード口座を開設したとされる問題を決着させるため、同行が1億8500万ドル(約190億円)の支払いに同意したと米消費者金融保護局(CFPB)が発表したことを受け、ツイッターは8日に炎上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。