英グラクソの帯状疱疹ワクチン、効果が4年間持続との試験結果

  • 「Shingrix」を年内に米FDA申請へ
  • 2020年までに870億円の売り上げが見込まれる-ブルームバーグ調査

グラクソ・スミスクラインが開発中の帯状疱疹(ほうしん)ワクチン「Shingrix」は、効果が少なくとも4年間持続することが臨床試験の結果によって示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。