トランプ氏が減量願望認める、健康番組出演で-収録参加者

  • ファストフードを好みコレステロール値が高く、BMIは30近く
  • 選挙戦のため運動できずゴルフの時間もないとトランプ氏

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は14日にニューヨークで収録された健康情報番組「ドクター・オズ・ショー」で、ファストフードを好んで食べてコレステロール値が高く、減量したいと考えていることを認めた。2016年大統領選候補者の健康状態への関心が高まる中、収録参加者が明らかにした。

トランプ氏はファストフード好き

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

  収録参加者は15日の番組放送前のインタビューで、トランプ氏(70)の体格指数(BMI)が30近くだと述べた。これは米政府の専門家が定義する「太り気味(オーバーウエート)」と「肥満(オービス)」の境目にある。BMIは番組司会者のメフメト・オズ医師がその場で計算したという。

  参加者らによれば、トランプ氏は全般に、オズ医師から良好な健康状態だというお墨付きを得た。テストステロン値が高いというトランプ氏は、15ポンド(約6.8キログラム)ないし20ポンド(約9.1キロ)の減量を望んでいるが、選挙戦で運動することが難しく、好きなだけゴルフをする時間がないと発言したと、参加者は明かした。

  番組の予告映像では、トランプ氏はオズ医師に最近の健康診断の結果を見せたが、トランプ陣営はまだ公表していない。これについて同陣営に取材を試みたが、現時点で返答はない。
  
原題:Trump Talks Weight, Ivanka on ‘Dr. Oz’ Set, Attendees Say (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE