柏崎刈羽原発に並ぶ特殊車両の列、膨大な投資と人材-再稼働に向け

  • 収益改善効果は最大で年2400億円-6、7号機のフル稼働で
  • 子供らに恥ずかしい思いはさせない、判断慎重に:設楽所長

美しい海岸線が連なる新潟県の日本海沿いに位置する柏崎刈羽原発。東京電力ホールディングスは、再稼働に向け総額4700億円をかけた安全対策工事を進めている。消防車や電源車、コンクリートポンプ車など100台近い特殊車両が整然と並び、現在、工事や訓練などに6600人の作業員が出入りしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。