ウジミナスの格付け、S&Pが「CCC+」に上げ-フィッチは下げ

新日鉄住金の持ち分法適用会社であるブラジルの鉄鋼メーカー、ウジミナスと邦銀やブラジルの銀行との債務再交渉が決着したことを受けて、格付け会社フィッチ・レーティングスは14日、ウジミナスの格付けを「一部債務不履行(RD)」に引き下げた。一方、S&Pグローバル・レーティングはその直後に同社の格付けを「選択的デフォルト(SD)」から「CCC+」に引き上げ、格付け会社の対応が分かれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。