ブラジル新政権、インフラ入札で投資家寄りに条件改定-資金確保狙う

  • ガイドラインを年内公表、入札は17年と18年に
  • 空港や道路、鉱業、穀物貯蔵などプロジェクトを計画

テメル大統領率いるブラジル政府は、インフラプロジェクトの契約に関する新たな条件を公表した。深刻なリセッション(景気後退)に苦しむブラジル経済の効率を高め、資金を集める狙いから、投資に魅力的な条件に改定する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。