スー・チー氏が米大統領府訪問、米企業は制裁緩和の可能性に熱視線

  • ミャンマー経済の約7割に米企業は依然アクセス不可-業界団体
  • スー・チー氏は軍に憲法改正迫るため制裁の継続を希望か

アウン・サン・スー・チー氏は14日、ミャンマーの事実上の指導者として米大統領府を訪れる。急成長を続けるミャンマー経済へのアクセスが広がる兆候を求め、米企業は注目している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。