100年の歴史持つ豪炭鉱で増産へ、石炭2倍に値上がりで-印ジンダル

  • ジンダルはウォンガウィリ炭鉱で月間約10万トンを生産
  • 9月にモザンビークの炭鉱での生産再開を計画

インドの鉄鋼大手ジンダル・スチール・アンド・パワーはオーストラリアで100年の歴史を持つ原料炭鉱の生産を増やすとともに、モザンビークでも炭鉱の操業を再開する見通しだ。石炭価格が今年に入って2倍以上に値上がりしていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。